★インタビュー企画「こどもあつめ」vol.4 的川 泰宣さん

約1年ぶりとなりました「こどもあつめ」。
こちらは、ゲストの「こども時代」についてインタビューしているこの企画、
今回は、宇宙好き、科学館に行くのが好き!そんな方必見!

JAXAの名誉教授であり、はまぎん こども宇宙科学館の館長でもある
的川 泰宣(まとがわ やすのり)さんです!

それでは、どうぞ!
******

的川 泰宣 さん MATOGAWA YASUNORI
はまぎん こども宇宙科学館 館長/宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授

《プロフィール》
はまぎん こども宇宙科学館館長、宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授。ミューロケットの改良、数々の科学衛星の誕生に活躍し、1980年代には、ハレー彗星探査計画に中心的なメンバーとして尽力。2005年には、JAXA宇宙教育センターを先導して設立、初代センター長となる。日本の宇宙活動の「語り部」であり、「宇宙教育の父」とも呼ばれる。

Q. 小さい頃は、どんなお子さんでしたか?
生まれたのが昭和17年1942年で、ちょうど戦艦大和が呉の街で建造中だったんです。僕はちょうど1歳ぐらいで、お袋からは「お前は戦艦大和を見ながら育った」っていつも聞いてました。
そういう背景で育ったもんだから、太平洋戦争のころの影響はだいぶ受けていると思います。
呉には最初、主にオーストラリアの兵隊が駐在していて、もう外人だらけだった。アメリカの子どもたちと、言葉はお互いに分からないのに仲よく遊んでたりしていました。だけど、(彼らは)缶蹴りだとか、そういうのを知らないわけです。考えてみれば当たり前なんだけど、「あいつら何にも知らない!」って思ったことをよく覚えています。「外国ったって、全然大したことない」って。

Q. 戦時中に幼少期を過ごされたということで、ご自身はどんな影響を受けましたか。
原爆が落ちた日には僕は広島の田舎に疎開してたので、原爆のことはよく知らないんですけど、お袋から聞いて、相当酷いことがあったということは知っていた。
原爆が落ちてしばらくしてから、兄貴が自転車で広島に連れていってくれて、太田川の岸辺で原爆の遺体がまだ片付いてない状態で、遺体が折り重なってる岸辺を見ました。で、しばらく呉の町に帰ってきてから、僕は覚えてないけど毎晩、うなされていたと。ショックだったんでしょうね。怖かったって感じのイメージです。
そういう経験から、やはり、平和とかに対する気持ちが友達に比べると異常に強かった、と小学校に入ってからよく感じましたね。

Q. はまぎん宇宙科学館の館長さんの挨拶の中で「人は人生において最も変わるのが平均して10歳頃であると言われている」と書かれていました。その10歳のころに、きっかけになった出来事はありますか?
きっかけ、というのはこれといってないんですけどね、小さいころ漠然と自分はどんな人間になるのか、ということを感じていました。自分自身は本当に世界中の人が幸せに生きるってことが一番大切なことだっていうのが、小学校の途中から湧き上がってきましたね。

Q. 的川さんの平和に対する思いを強く感じるのですが、ご自身の原体験がその考えに繋がっているのですか?
ちゃんと繋がっていると思います。
3歳のころに呉の町は空襲がありましたので、全部焼け野原になっちゃったんですけど、(自分は)お袋の背中に背負われて呉の広い通りを、背中で揺られながら走っていたのを覚えてますね。周りが熱かったことも。
当時、図書館が燃えたんですけど、その光景を覚えてて、そういうのは人生の中でたびたび思い出すシーンなんです。そういう事があったために戦争と平和についての思いがあって、平和志向みたいな考えになりましたね。「平和っていうのは待っててやってくるものではない、何か自分がやらなければいけない」という気持ちに繋がっていきました。
高校は広島に出たんですけど、生徒会みたいな活動を始めて、それはもうはっきりと平和運動に参加する(会)。その流れで、大学に入ってからも学生運動をずいぶんやりました。
今考えると、あのころ勉強してれば今、もっとまともな人間になってたんだろうけども・・・。

悔やんではいないけれど、その頃に作られた世界観や世界の見方は、大変大事なものだったと思っています。
「自分の一生の中に、社会のために生きる人間でないと、自分の価値として我慢が出来ない」というのが、どこかに色濃くあるのは、小さいころにできたものなんだと思っています。

Q.お父様が軍人さんだったとお聞きしましたが、印象的な出来事はありますか。
親父は海軍にいました。当時、アメリカ兵とかオーストラリア兵はジープで町の中を乗り回して、子ども達にチョコレートとかガムとか投げ与えるんです。そうしたら、みすぼらしいけれども、呉の子どもたちはそれを腹ばいになって拾って食べるわけです。そうした光景をよく覚えてますけど、なんかこう…いま思い出すとやりきれない気持ちですけど。うちはね、(親に)言われたわけじゃないんだけど、そういう事をやっちゃいけない雰囲気があって、僕は長いことやらなかったんですよ。
ところが、周りの子は本当に美味しそうに食べるし、美味しいものなんだろうと思っていました。
僕はある日、一回ぐらい良いだろうと思ってチョコレートを拾って食べたら、(チョコレートが)美味しいんですよね。で、びっくりしちゃって、ポケットの中に食べきれないくらい入れて帰りました。
あとでうちの中で、そーっと食べていたら親父に見つかって。 「何してんだ!」って言われておずおずとチョコレート出して、「食べる?」って聞いたら、バチーンってたたかれてびっくりしましたよ。
親父は大変穏やかな人で、アフターファイブで能をやるような人だったし、本当に驚きました。
親父に「ねぇ、チョコレートどうして食べちゃいけないの?」って聞いたんです。そしたら、親父が「それは日本人の矜持(きょうじ)だ」って言ったんですよ。その時は小学5年生くらいだったかな、矜持って言葉、分からないですよね。「矜持?」って聞き返したかったんだけど、怖い顔してて聞けなくてね。
それで、そのあとお袋に「ねえ、矜持って何?」って聞いたら「なんでそんなこと聞いてくるの?」って。
「こういうわけで…親父にチョコレート見つかって」って言ったら、お袋は説明しなかったんだけど、「あのね、”きょうじ”っていろんな言葉があるんだよ。お父さんが言ったのは、意味があると思うけど」、って言って、奥へ行って国語辞典持ってきたんです。母は家庭科の先生だったんですよね、さすが教育者だと思う。
それで、矜持って言葉を大変よく覚えています。おそらく小学校の4、5年で「矜持」って漢字をかける人は、なかなかいないと思うんですけど。

Q.小学生のときの印象的だった思い出はありますか。
小学5年生のとき、ヤクザの息子をそうとは知らずに殴り飛ばしたことがあってね。明くる日、授業中に担任の先生が教室に入ってきて職員室に呼ばれました。
行ったらヤクザが座ってるんですよ。なんでいるのかな、って思ったら、はっとね、昨日泣かしたやつのことを思い出して、これはひょっとしたら、困ったことになったと。
「昨日は俺の息子を可愛がってくれたそうだな」と凄みのある声で言われたんで、しどろもどろになって、元々向こう(の子)が悪いってことは確かなんですけど、懸命に理由を言いました。僕が言い終わったところで立ち上がったから「おっと、やられるかな」と思ったけど「邪魔したな」と言って出ていきました。
そういう事があったから、立派なヤクザっていうかね(陰ではいろいろやってたんでしょうけど)当時のヤクザってのは筋が通ってる。そういうところは、その時感じましたね。

Q.給食についての思い出はありますか?
中学に至るまで、脱脂粉乳はとにかくみんな嫌いでね。ただ、窓際の席にいると(窓の外に)捨てられるんですよ!先生も美味くないって知ってるから、それほどきつく叱らない。窓際って言っても3階建てで、みんな捨てるから、建物の傍の芝生が全部枯れるんです。先生が「お前らが何か捨てるものがあるために、芝生が育たないんだよね」って皮肉いうわけですよ。見事に本当に生えていないんです、そこだけ。

Q.好きだった教科・苦手だった教科を教えてください。
あのね、僕は少し不思議な子で嫌いな科目は一切ないです。
数学は他の科目に比べると大好きだったと思います。(数学は)他の科目に比べると、本当に覚えることが少ない。順序立ててやればいいわけで、こんな楽な科目はないと思っていました。
苦手だったわけではないけど、地理は行ったことがない所のことを覚えるので変だなぁと思っていました。
でも、教え方が違えば僕はきっと大好きになった可能性があると思ってるんですよ。
大事か大事じゃないかっていうのは、最初に接する人がどういう風に教えてくれるかっていうことに関係があるんだなっていう事がよくわかった。
宇宙の話でもサイエンスっていう全体の話でも、子供にどのように伝えるかってことで響き方が違うので、最初の出会いがものすごく大事だなということを感じました。

Q.お兄さんの授業を一緒に受けに行ったとか・・・?
小学校4・5年生でしょうか、兄貴の高校の授業ってどういうことをするのか見たくてね、ついて行ったことがあるんです。小学生が高校生の授業にいるって変じゃないですか、今だったら。先生は不思議に思っていたみたいだけど、「しょうがねえなぁ」って。
その日はちょうど理科の実験がある日でした。チューブの中で石と葉っぱを真空の中で落とす実験だったんです。見ていたら、石と葉っぱが一緒に落ちてきたんです!そのとき、もうびっくりしちゃってね。耳学問も何もないものですから、本当にびっくりして叫んだんです。3、40人高校生がいる中で僕が叫んだのを先生が見て、「お前らこれ感動しないか、このちびが一番感動しているじゃないか」って。そのことがすごい印象に残っていて、もう「ドキーン」としたような感動でした。
あらかじめ知ってる知識っていうのは本当ダメで、子どもの頃に接する自然科学の事柄っていうのは、いつも新鮮な驚きがある。そのような状態で受け止めないと、その後の自分の成長につながっていかないっていうのは、非常に確かな事だと思いますね。
「サイエンスコミュニケーション」という話がありますが、知識をつけるって言うことはあまり大したことではなくて、感動教えるって言うのかな。

Q.宇宙に関しては、子どもの頃から興味があったのですか?
大学に入ってからできた友達の中で、一級下に海部(かいふ)君って言う天文学の会長だった友達がいるんです。彼は、小さい頃、赤色白色って言う星の違いを考えていたら寝られなくなるって言う状態で、大学の専門を決める時には一も二もなく天文学を選びました。
僕は星を見ながら、あまりそういうことを疑問に思わなかった。
僕は星への距離が違うっていうのを耳にした時にびっくりしてね。シリウスとベテルギウスってものすごい違うところにあるんだと。ここから旅行したとして、シリウスまで20年ぐらい。そこからさらに何百年も行かないとベテルギウスに会えないとかそういうことを考えると、そのままずっと宇宙の間を縫って冒険していくみたいなそういうイメージがあって、宇宙とはなんか冒険みたいなもので繋がっていると思ったんですよ。
海部くんと2人で観望会行って一緒に見てると、星の好きな子が二人で見てるって状態なんだけど、子供を見ても「星好きな子」と(ひとくくりに)一緒にしちゃいけないね。
そういう、微妙なところの(興味の)ひだみたいなものは、小さい頃のはなかなか自分では(言葉に)できない。だから、そういう時に家族や教師が、どこかで気づいてあげるっていうことがあればその子はすごく伸びるんじゃないかなと感じます。

Q.おうちの方から、子供の時に受けた影響はありますか?
親父から得たより、お袋から得たもののほうが大きい。
男の子っていうのはお母さんのほうが大好きなのね。家庭科の先生をやっていて、家庭料理で一番好きだったのはカレーライスですね。本当に好きだった。だから誕生日と言うと、お袋が作ってくれるカレーライスが楽しみでした。

Q.失敗したとき、壁にぶつかったときはどのように解決していきましたか。
(自分は)あまり深刻にならないタイプなのですが…テニスをやっていたときは、壁を乗り越える時の力っていうのはみんなで生み出していかないと駄目だと思いました。リーダーがしっかりしているってもちろん要件としては大事だけど、その力が響いていてみんなの力になっていかないと結局は総合力になっていかない。
そういうメカニズムみたいなものは、スポーツの中から感じ取ったと思います。
「団体戦」て言葉の規模を広げていくと、最も大きな団体戦がおそらく平和をつくることなんですよね。
世界中の人の力で、みんなが幸せにできる社会を創るっていうのが多分人類が持ってる一番大きな団体戦だと思うんです。そういうことが今の時代・世の中になると特に求められていると感じがします。

宇宙なんかもそうですけど、本当の意味で宇宙でやってる仕事というのは、全ての人に役立つという風にできないと、それは本当の団体戦に勝ったことにならないと思います。
みんなのプロジェクトとして立ち上げる場合は、発展途上国あるいは戦火の中にある国も含めて地球上のみんなが参加できるプロジェクトとして、みんなが協力して、戦争なんかやってられないよねっていうくらい動機づけのしっかりしたものを作って、初めて宇宙が世界に貢献することになるんじゃないかなと思います。
困難があった時に乗り越える力っていうのが、自分の力だけでなんとかやろうっていう意思の力とかではなくて、どんな人にも頼って、みんなの力で乗り越えていこうっていう、そういう気持ちが大事なんだろうなって思います。

テニスから学んだ団体戦の喜びとか意義とかそういうものは、すごく自分の仕事の動機付けにもなって。
大きな目標を掲げてやるということももちろん大事かもしれないけれど、そうではなくて、テニスコートでその日何をやるかなんですよね。
「その日に何をやるか」
これから1時間何をやるか、非常に細かい身近な目標にしっかり重点を置いて、いつもいつも重点を置きながら伸びていく。そういう心がけがないと人間はたゆみなく進歩することができないという感じがありました。

Q.座右の銘をおしえてください
私のお師匠さんが糸川英夫って人で、本当に天衣無縫な、生きたいように生きた人なんです。
その方の「人生で最も大切なことは逆境と良き友である」っていう言葉ですかね。
座右の銘というのは特にないけれど、一番思いだす言葉はあの言葉ですね。
今は、本当にそうだと思って、非常に胸に残っています。

・・・・今の子ども達にメッセージをお願いします・・・・
自分の関心があるものを、早く発見して欲しいっていうことですかね。それはあまりお金儲けようとか出世しようとかではなく、自分の心の中に本当に何が一番好きなのかっていうのを抱きしめて、それで進路を選ぶべきですね。
高校から大学に行く時にあんまり嫌いな科目がなかったので、理科系か文化系かすら決まらない状態で、親父は法学部がいいんじゃないかって言ったんですよ。僕は弁護士もそう悪くはないかなという気はしたんですけれども、親父に理由を聞いたら「潰しがきく」って言ったんです。それで、僕は法学部はやめたんですよ。そういう生き方はしたくないなって。
お袋に聞いたら、医学部がいいって。悪くないですよね、お医者さんって絶対に役に立つ仕事だから。念のためその動機を聞いたらね、「生活が安定する」って。それで医学部もやめようと思ったんです。二人とも(正直に理由を)言わなきゃいいのに…(笑) 最後は理工系ブームもあって、理科系に進みました。
やっぱり大事なことは、本当に自分の好きなものが見つかるまでは人の言った動機で決めちゃだめだ、ということです。うまくいかなかった時に人のせいになっちゃうじゃないですか。

一生懸命、自分の好きなものを早く見つけるということが大事ではありますが、選択肢を増やすためにはいろんなことをして遊ばないと駄目ですね。
勉強ばっかりしてると見つからないですよ、知識ばっかり増えても感動はないです。
スポーツもそうですけれど、いろんなことにチャレンジして自分の大好きなものを掴みとれば、後悔なく生きられるんじゃないかと思います。

*****

一番の好きを抱きしめて…素敵な言葉ですね。

的川さん、ありがとうございました。

文:あべまり

 

【6/27】小学生向けオンラインイベント「塩のサイエンス~スーパーボールを作ろう~」

久しぶりの投稿は、オンラインイベントのお知らせです😊

科学館やアフタースクールでも人気のこちらのプログラムが、お家でも体験できちゃう!

よろしければどうぞ🌸

***************
わくわくキッズオンラインイベント
「塩のサイエンス!スーパーボールを作ろう」
■日 時   6月27日(日)  13:30~14:30
■実 施   zoom (初めての方も大歓迎!)
■対 象   年長さん~小学生
■参加費   1,500円 (材料郵送希望の場合は2,500円)
■定員    10組  (兄弟参加OK) ※先着順
■講  師  阿部 麻里 (わくわくキッズ)
■準備物  塩(40グラム・約大さじ3杯分)・割りばし・洗濯のり(大さじ3杯分程度・「PVA」と記載してあるもの)・プラカップ(4つ)絵の具(お好きな色)・ペットボトルに入った水・キッチンペーパー

■内  容
塩は、私たちにとって身近な調味料です。今回は、その塩を観察してみたり、絵の具を使って実験をしたりします。どんな塩の力にふれられるかは、お楽しみ!最後は、洗濯のりも使ってオリジナルのスーパーボールを作ります。
■申し込み期限
・材料郵送なし(ご家庭でご準備いただく) 6月26日14:00
・材料郵送あり              6月20日14:00
■お申込み方法
(1)必要事項を下記のメールアドレスまでお送りください。
【info@waku2kids.jp】
【タイトル】 5月イベント参加希望
① お名前 ②学年 ③ご連絡先(お電話番号・メールアドレス) ④材料郵送の有無(必要な場合はご住所)
(2)受付完了メールと共に、参加費のお振込先・当日のzoomのIDをお送りします。
(3)当日までに、材料をご用意ください。
(4)実施時刻の10分前を目安に、zoomに入室、活動にご参加いただきます。

***************
皆さんのご参加、お待ちしています。

★「こどもあつめ」vol.3平岩国泰さん★

こんにちは。

わくわくキッズのあべまりです

さまざまな分野の方の「子ども時代」を聞いちゃおう!という企画「こどもあつめ」

第3回目のゲストは、放課後NPOアフタースクールの代表理事を務め、2019年より新渡戸文化学園の理事長に就任された 平岩国泰(ひらいわ くにやす)さんです!

今回は新型コロナウイルスの感染予防のため、zoomでオンラインインタビューとなりました。

ご自身の画面背景をわくわくキッズのロゴにしてくださるなど、嬉しいサプライズ満載のインタビューとなりました。

「自分と会ったことで、相手の方に良いことがあったり、喜んでくれたら…」というお言葉通り、温かなお人柄の平岩さん。

それでは、平岩さんの【こども時代】をのぞいてみましょう!

ーーー
平岩 国泰(ひらいわ くにやす)さん

放課後NPOアフタースクール代表理事/新渡戸文化学園理事長

《プロフィール》

1974年東京都生まれ。1996年慶應義塾大学経済学部卒業。

長女の誕生をきっかけに、放課後NPOアフタースクールを起業し、21校のアフタースクールを開校。2019年新渡戸文化学園理事長就任。日本のモデルとなる未来の学校づくりに挑む。

 

Q.小学生のときはどんなお子さんでしたか?

野球が好きで、公園で毎日のようにやっていました。僕は兄がいるんですけれど、(その影響か)高学年になってきたら周りの友達が子どもに見えてきましたね。いわゆる‘小学生男子が汚いこと言って笑う’みたいなのが、あんまり面白くなくなってきたことが早かったことを覚えています。

 

Q.今でも忘れられないエピソードを教えてください。

小学校が火事になったことがあるんです。嘘みたいな話なんですけれど、それがちょうど火災の避難訓練の日でした。僕は図工室にいて、(外を見ると)煙がモクモク出てきて、僕らは当然訓練だと思いました。でも、先生が真顔になって「君たち、避難だ!」って言うわけですよ。「いやいや先生、訓練なんだから…」と思いましたが、先生のテンションがちょっと(いつもと)違っていたんです。それで「あれ?」って。(笑)

給食室からのボヤで、もちろん大火事にはならずに済みましたが、本気で体育館に避難しました。

後から新聞の取材がきて、6年生の代表として、なぜか僕が(インタビューに)選ばれたんです。それで、新聞記者の人に「煙がでた時、どう思いましたか?」と聞かれたんです。なんて答えたらいいいかなって考えて、

「煙を見て、あれは本物(の煙)だと思いました」と、実際に思っていた事と逆のことを言っちゃったんです(笑)

その記事は夕刊に載りました。「6年生の平岩君は冷静に答えていた」なんて、記事に書いてありました(笑)。

 

Q.給食についての思いではありますか?

作ってくださった方にはとても失礼なんですが…、あんまりいい思い出がなくて。

6年間、1度も「ごはん」が出なかったんですよ。1年中毎日パンでした。時代だと思うんですが…。

聞くと、同じ区内にはごはんが出てる学校もあったみたいです。給食で、苦手になったものが少しあって…。

それは、タケノコとマーガリン。タケノコは、夏の暑い時にどろどろの五目炒めに入っていて、えぐみもありました。それでタケノコ全般が苦手になり、今でも春先になるとおびえて…逃げ回っています(笑)

それから、毎日パンばかりなのでマーガリンが必ずついてきました。それが嫌で、道具箱に隠すんです。だんだん溜まってきて、(道具箱に)入らなくなってきたところで、仕方ないから持ち帰ります。きつかったですね(笑)

好きな給食は、しいていうならカレーシチューでした。ライスは出ないのでカレーもシチューで…。

↑オンラインでインタビュー中の平岩さん。なんと背景がわくわくキッズのロゴに!

Q.好きだった教科・苦手だった教科を教えてください。

図工と体育は好きでした。図工は、消防車の写生の絵が6年連続で代表に選ばれました。5年生の時が一番よくて、東京都で特選をもらいました。身体を動かすことが好きだったので、リレーの選手にもなりました。6年生の時にはアンカーで1位でテープを切りました。思えばその時以来運動も勉強もトップになったことはなかったかな。人生のピークですね(笑)。

苦手はあまりなかったのですが…音楽でしょうか。人前で歌うのが恥ずかしかったし、才能もなかったので隅っこの方でジッと静かにしてました。怒られた記憶はないので、最低限やってたのかもしれません。

Q.印象に残ってる先生はいますか?

図工の先生です。2年生のとき、その先生に褒めてもらった言葉を、いまだに忘れていないんです。

粘土をやった後の片付けで、僕はお皿を水道で洗いました。棚に戻した時に、先生が「みんな、平岩君のお皿を見なさい。使う前よりきれいにして、戻しています。」って言ってくれたんです。ぼくはその時とても嬉しかったのと、すごく心にストンと落ちる感覚がありました。なんでかな、と思うと、自分がそのお皿に関わったことで、そのお皿が綺麗になった。これが、今でも自分の人生観になってるんです。

…ちょっとすみません、なんか良い話してる感じになっちゃってますけど(笑)

要は、自分が生きたことで世の中が良くなる、自分と会ったことで相手の方に少しでも良いことがあった・喜んでくれた、そういう感覚です。図工の先生がそうやって言葉で表現してくれたのは、大きかったです。アフタースクールでも、子ども達の良いところを一緒に見つけて、言葉で表現して伝えてあげるということが、大切だと思っています。

 

Q.おうちの方から、子どもの時に受けた影響はありますか?

年取って父に似てきているなぁと感じます。父は、人が喜ぶことが好きなんです。昔は「買い物おじさん」と呼ばれていて、親戚とどこか行くと、かならず何か買ってあげるような人でした。私がほしいものをコッソリ調べて、サプライズで買ってきてくれた日もありました。母は「男らしさ」を重視する人でした。両親ともに小さな会社を経営する一族で、男性が多い家系で育ったので「男は仕事で戦うものだ」という考えがありました。「男らしく」というのは、母からよく言われたように思います。ボランティアマインドが強いのも母の特徴でした。

 

Q.失敗したとき、壁にぶつかったときはどのように解決していきましたか。

とにかく「次の手を探す」ことだと思います。起きたことはもう変わらないので、反射的に「で、どうする?」と考えるようにしています。それで、次のアイディアを考え出すと、もう気持ちが次にいきます。

そうはいっても、すぐに切り替えられない時は、「長い目で見た時にどうかな」ということも、考えます。これはうちの親がよく言っていたことです。「今日一日は大変だったかもしれないけれど、長い目で見てみたら、今日の嫌なことなんて絶対忘れるんだろうな」って。10年たっても覚えているほどの嫌なことや失敗って、ほとんどないんですよね。その日、そのタイミングは最悪なんだけど、10年もすればほぼ忘れます。嫌な気持ちを置いてきぼりにして、自分は次に行く。「長い目で見た時に、たいしたことないじゃん。で、どうする?」って考えるのが、いつもの僕の思考パターンです。やっているうちに習慣になるので、鍛えられる思考法だと思います。

 

Q.今の子ども達にメッセージをお願いします。

【自分の「良いところ」の面積をひろげよう】

短所を裏返せば、必ず長所であると思うんです。苦手なところは、良いところと常に共生しています。苦手なことを無理に直そうとせずに良いところを広げていけば、苦手なところや弱いところはなくならないけどかなり目立たなくなってきます。「自分の良いところってなんだろう?」って、そこを考えて、思いきり(外に)だしていく。自分の良いところの面積を広げていって、誰かを喜ばせてあげてほしいです。

 

【大人って楽しい!】

大人って楽しいんだなって思うんです。僕は、今子どもに戻りたいかって聞かれたら、そうでもないです。

やり直したいことはいくつかありますけどね(笑)。大人って、野球でいうとグラウンドに出て選手になれていることだと思います。子どもの時は観客席で見ていたけど、大人になると社会の中でプレーヤーになれるイメージです。実際に自分たちが動くことで喜んでくれる人がいたり、これは「上手くいくかも?」と思って(やってみて)成功したり失敗したり。レポート用紙の上ではなくて、それが実際に目の前で起きているので、それが一番おもしろいと思います。

 

【好きなフィールドで、毎日フルスイングする】

社会に出て、自分の好きなフィールドを見つけて、プレーヤーとして毎日フルスイングする。そんな人生を描いてもらいたいです。苦手なコースを(狙って)打ちにいってもあまり良い結果は出ないので、自分の得意なコースを見つけて、そこを狙ってフルスイングする。20代のときは、自分を前後左右に思いきり振ってみるのがいいと思います。つまり、色んなフィールドに行ってみたり、頼まれた仕事を全部やってみたり、すごい上・下の世代と付き合ってみたりすると、自分の得意なゾーンが見えてくるんですよね。それを見極めて、30、40代を過ごしてほしいと思います。

自分のやりたいなと思うフィールドは子どもたちのこと、得意なコースは僕にとっては新しいものをつくることです。「教育」×「新しいこと」で今の自分の仕事になりました。

※フルスイング…野球のバットを力いっぱい振ること

【最後に…】

夢とか自分のやりたいことって、どんどん変わっていくと思うんです。探して見つかっても、また変わるかもしれない。小学生の時に見つかる子もいるかもしれないけれど、多くは中学・高校・大学…と大人になっても探していきます。

だから、あまり小学生に夢を聞きまわっても、それはその時の夢でしかないし、その時点で見えてなくても全然良いと思います。

好奇心や経験の幅が多い方が、(好きなことが)見つかったり出会えたりするチャンスは多いと思います。迷ったらやってみる、行ってみる、というのはおすすめします。今は自信がなくても、長い時間をかけて(自信を)つけていくこともできる。好きなものを見つけ、楽しい仲間がいることが一番いいと思います、人生は。

 

ーーーー

平岩さん、ありがとうございました。

インタビュー中も、話の節々にアフタースクールの子ども達やスタッフの方々、学校の先生方への思いやりや、仕事に対する熱い思いをお聞きすることができました。

このような教育・思いが、まさに「これからの日本のモデル」となっていくのだと感じます。

あらためて、ありがとうございました。

文:あべまり

 

 

わくわくプレスクールはじめました‼

こんにちは、わくわくキッズのあべまりです

今日から約3週間、オンラインでのプレスクールをはじめます。

マンツーマンでお子さんと講師で進めていきます。

首都圏での緊急事態宣言も解除されないまま、休校期間も続いています。

自宅学習のスパイスに、学習意欲の維持に、生活リズムの保持に…

ぜひご活用ください!

ご予約は、実施日の前日までにお願いします。

プレスクールのご案内

★こどもあつめvol.2 岡崎弘幸さん★

みなさん、こんにちは

前回から少し間が空いてしまいましたが、「こどもあつめ」第2弾です

今回のゲストは中央大学附属中高等学校の教諭でもあり、ムササビの専門家でもある、

岡崎 弘幸(おかざき ひろゆき)さんです!!

研究室でお話を伺いましたが、クラシック音楽を流してくださったり終始楽しいお話をしてくださったり、魅力の幅がつきない方です。

もちろん子ども時代も‥かなり素敵!(笑)

(失礼ながら、内容を文字に起こしながら何回か吹き出しました)

私は尊敬をこめて「むさびー」と呼ばせていただいています。

それでは、早速内容の方をどうぞ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岡崎 弘幸(おかざき ひろゆき)さん

中央大学附属中高等学校 教諭

《プロフィール》   

1958年東京生まれ。大学時代よりムササビの研究を始め高尾山へは通算1000回以上登る。生徒たちからはムササビ先生と呼ばれている。元NHK高校講座生物講師。著書は「ムササビに会いたい!」(晶文社2004)など多数。

Q.小学生時代はどのようなお子さんでしたか?

元気でした(笑)いきものが大好きで、活発なんだけど、教室ではおとなしい。だいたい家にあまりいない外で遊んでました。ガキ大将的だったんです。(笑)

Q.何かエピソードがあったら教えてください。

近所の子たちを集めて、学校のようなものをやってましたね。イカダを作って、それで流されちゃって、助けられたり(笑)雑木林がいっぱいあったから、ターザンやって、川を飛び越えて降りる遊びとかね。基地つくって、遊んだりもしました。昔の子は、強いですよね。けがしてもお母さんに隠したりしていました。

Q.生き物が好きだったというのは、何か飼っていたのですか?

 鳥をたくさん飼っててね。ジュウシマツ、ベニスズメ、カナリア、ニワトリ、ウズラも飼ってて…飼い方が上手いと大きくなっちゃうんですよ。他にも、ハト、イモリ、熱帯魚…妹と4畳半の部屋だったんだけど、かごを積み重ねてね。お世話に毎日が大変でした。父親が生き物好きだったんです。

Q.子どもの頃と今のご自身で「変わった」と思われることはありますか?

病弱だったんです。喘息で、一回こじらせると学校休むくらい重傷でした。今それが全く無いのは、中1の時におじさんに一人旅に行かされたからでしょう。中1で一人旅ですよ。怖くて怖くてしょうがないんだけど、(東京に住んでいたのですが)おばあさんが仙台にいるから、もっと北に行って来いって(笑)勝手に電車に乗せられて、旅行記をつけろとか、お金はこれだけ持っていけとか、宿の予約はしてはいけないとかね。予約をすると甘えるから、行ってからさがせって宿のリストをもらいました。電車は、色んな人が座るから自由席で行けって(笑)それから自分の人生がまったく変わりました。岩手県の宮古に行ったんです。宿は、「今日泊まりたいんですけど」って言って当時100円で泊まらせてもらいました。おじから言われて、3日間帰っちゃいけなかったので、そこに2日間泊まりました。龍泉洞という洞窟に行く途中の電車で、目の前に座った、超長い髪のパンタロンを履いたお兄さんと話しました。当時、自分は中1でそのお兄さんは大学生で。家が近かったものだから(話が合って)、そのあと一緒に龍泉洞をまわってね。そのお兄さんとは何十年もずっと手紙をやり取りしていましたね。おじは母親から「なんで行かせたんだ」って、大変だったみたいです。それから全く喘息はでないですね。一回(旅に)行くと変わるんです。だから、今もいろんな人に旅したほうがいいよって言います。

Q.他にはどんな遊びをしたのですか?

 今ではしない遊びだと思うんだけど、人の家の塀の上をつたっていく遊びかな。猫のように。道路で行けばいいのに、わざと塀の上を歩いていくんですよね(笑)Aさんの家は、通らせてくれて、怒られないで済む。だけど、Bさんの家は怒られるとかね。すごい怖いおじさんで、歩いていくと怒られるので、いかに早く渡るかが大事。「こらー」っていきなり怒鳴られて塀から落ちたりね。怒られたらおわりだった。「みか」っていう犬がいる家は、落ちたら噛まれるの。人の家の屋根をつたって怒られたりもしたね。野良猫みたいな遊びでした。

Q.何か習い事はしていたのですか

そろばん塾が流行ってて、上級生になると習っている子が多かったですね。僕はそろばん嫌いだったんです。そろばんは裏返しにしてシューッて走る車として乗って怒られたり。父親が絵を描くので、絵を習いに行ってましたね。風景と友達の顔などを描きました。そこの先生はいい先生でした。僕たちが驚いたのは、空の色ね。女の先生が「(空は青だけでなくて)他の色に塗っていいのよ」って、ピンクっぽく塗っていてね。それを面白いと思ったのを覚えている。

Q.生き物好きは、お父さんから受ける影響は大きいですかか?

 生き物好きは、代々伝わる感じですね。生き物は、たとえば親が虫を見てびっくりするからこどももびっくりする。小さい子でもね、はじめは「うわー、こわーい」ってなっているのは、おうちの人が言っているんだろうなぁって思う。だから「全然怖くないよ、ほらこんなに可愛いから~」って自分が撫でてあげる。はじめは触らなくても、こどもはだんだん触るんですよ。ちょっとでも触ると自信になるんです。「お母さんたちもきゃーきゃー言わない(笑)」。こどもたちの好奇心はものすごいですよ。その好奇心は大事にしてあげたい。

Q.座右の銘は?

色々あるんですけど、一番好きな言葉は、大学の時友人から聞いたものなのですが、ある天文学者の言葉です。「すい星をさがしたかったらやめなさい、見つからないかもしれないから。すい星が見つからなくてもいいなら探しなさい。見つかるかもしれないから。」というものです。深く、哲学的なその言葉が好きです。ぼくもそういう生き方にしたいなって。今のムササビの研究も、その言葉を胸に留めてきながら「何か発見しようと思ってやってちゃだめだよ」って学生に言います。挫折した時に嫌になっちゃう。研究って偶然みつけることが多いんです。やり続けて、偶然ひらめくこともあるしね。動物を研究するにもかなり植物を調べなくちゃいけないんです。だって研究に「食べ物:葉っぱ」とか書けないでしょ。(笑)見えないことを追求していくと、新しいことがわかるから、続けてやりたくなる。

Q. 最後に今の「こども」たちにメッセージをお願いします。

最近、自分の親を結構気にしてる子が多いように感じます。うちの学校の場合かな?(笑)親から言われた事だけをやるのではなく、「何でも疑問に思ったら進んで調べてごらんなさい」と伝えたいです。まずは不思議に思うことが大事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

むさびー、ありがとうございました

ーーーーーーーーーーーー
楽しく学ぶ!可能性を引き出す!
わくわくキッズ公式HPはこちら↓
http://waku2kids.jp/
ーーーーーーーーーーーー

 

【告知】3月27・28日かぞくみらいフェスに出展します

【告知!】
3月27・28日に東京国際フォーラムで開催される「かぞくみらいフェス」に出展します!
1日2回、各回40分のショートスタイルのワークショップです。
いつもは小学1年生からが対象ですが、今回は就学前の小さなお子さんにも参加してもらえる形態になっています
この機会にぜひご参加ください😊
事前予約制ですので、ご興味ある方はお早めに!
その他にもさまざまな企業ブースやワークショップがあって楽しそうなお祭り2日間
「少し先の未来」を、一緒に体験してみませんか?

↓詳しい情報はコチラ
◆3月27日(水)
「消える?マジックボトル」
https://kazokumiraifes.jp/workshop/wakuwaku

◆3月28日(木)
「カラーアナライザー~光の謎~」
https://kazokumiraifes.jp/workshop/wakuwaku2

◆家族未来フェスについて
https://kazokumiraifes.jp/

ーーーーーーーーーーーー
😊楽しく学ぶ!可能性を引き出す!😊
わくわくキッズ公式HPはこちら↓
http://waku2kids.jp/
ーーーーーーーーーーーー

★こどもあつめvol.1 高木幹夫さん★

先日こちらで告知させていただいた「こどもあつめ」
記念すべき第1回目のゲストは日能研の高木幹夫代表です。
私はGEMS関係でご一緒することがあり、尊敬と愛をこめて
「みっきぃ」と呼べせていただいています。
今回は、新横浜の日能研オフィスでお話を伺うことができました。
木の香りでいっぱいな素敵なお部屋で、これまた次から次に
あふれる素敵なエピソードを聞かせていただきました✨

それでは、どうぞ‼

★こどもあつめ★
第1回目:高木 幹夫さん

《プロフィール》
1954年横浜生まれ。日能研菊名校出身。私学進学を目指す小学生のための学習塾、日能研代表。子ども自身がココロとアタマを動かす「アクティブな学び」への試みを続けている。
ジャパンGEMSセンター運営委員。

Q.小学生時代はどのようなお子さんでしたか?
今でもそうなんだけど…ADHD(笑)。よく動き回っていました。
本人は周囲に迷惑をかけたつもりはないけど、雑な子だったというのは覚えてます。

Q.何かエピソードがあったら教えてください。
あるとき通信簿で「図工1」をとったんです。5段階評価のね。(笑)だって人間が描けませんでしたからね。手も「〇」みたいに描いて。
それを見て「クラスに迷惑をかけてるんじゃないか」と親父が思ったのでしょう、それから毎日お袋が教室の後ろにいたんです、親父の指示で。(笑)僕は僕で、家に帰ってから毎日りんごの絵を描かされ…、嫌だったけど。それ以降自由に絵を描かなくなりました。今でも絵は苦手です。

Q子供のときに好きなことはなんでしたか?
昔だからねえ、家の前とかも舗装されてないんですよ。土があるところだったので、ザリガニやカエルなど、動物をとって・・・分解をする。(笑)ザリガニは何回か食べたね、剥いて、焼いて…でもきっと、食べ続けてないからそこまで美味しくなかったんでしょうね。カエルも皮はいだりね。低学年だったと思うんだけど、当時ウシガエルは食用だったら、友達と「食えるらしいぜ」なんて。魚も釣ったら食べるし。
子どもながらに「分解してみたい」というのは自然な欲求ですよね。
でも分解することを通して「元に戻せないんだ」ということを実感しました。授業でフナの解剖をするときは、その経験が役に立ちました。(笑)

Q.好きな給食や、それにまつわる思い出を聞かせてください。
それはもう、鯨カツ。一番のごちそうでしたね。僕は給食当番を勝手にやってたんです。給食のおばちゃん達とも仲良くってね。給食を配るとき、今日の一番人気のおかずはわざと残すの。みんなが嫌いな脱脂粉乳をお替りした子は、おかずもお替りできるシステムにしました。そういう意味じゃ知恵の回る子でした。
僕にとって、食べ物と知恵というのは結びついているんです。

Q.子どものときの将来の夢はなんでしたか?
電車の運転手さんかなぁ。
幼稚園時代に大好きだった先生の影響もあって、先生になりたいとも思いました。
受験のときには、色々考えましたね。一応、塾の家の子だから、
僕が落ちたら塾が潰れちゃうんじゃないか、とかね。(笑)

Q. 最後に今の「こども」たちにメッセージをお願いします。
「だまされるなよ」かな。ときどき子ども達にも言います。
だって、人生どれだけ騙されると思う?ある意味、僕たちはずっと騙され続けています。人なり、システムなりに。「こうです」と言われれば「そうなのかもしれない」と思わされてしまう。だまされないためには、当たり前の世界から一歩抜け出す、ことでしょうか。

・・・・ここからはブログのみの未公開内容です・・・

Q.苦手な食べ物はありましたか。
にんじん。(笑)だけどある日、家の料理すべてににんじんが入っていてね。にんじんが入っていない食べ物はないんだよ。すごいのは、それらの料理を僕だけではなく、家族みんなで食べていたということ。今の大人の目線にたつと、それはすごいことだよね。

Q.料理にまつわるエピソードは他にもありますか
おふくろが、「今日何食べたい?」と聞いて、家族それぞれ好きなものを作ってくれました。一人ひとり別々に。(笑)本当に、今思うとすごいことですね。生姜焼きとか、卵焼きがあったり。おふくろは、いわゆる料理上手という印象はないんだけどね(笑)
買い物にもついていったなぁ。魚屋に行ったときは、貝を混ぜりもした。なんと、シジミとアサリを混ぜたことがあったんだそうだ(笑)
そういういたずらを店先で結構やっていたらしい。
うん、僕はそういう普通の子でした(笑)

Q.「先生」との思い出はありますか
幼稚園のころにすごく好きな先生がいてね。子供心に見るとおおがらな先生で、良く面倒みてくれてね、肯定的な形でつきあったくれたんだよね。ほら、僕はわりと怒られるタイプだったから(笑)
あとは、小学校のときに音楽の授業で「お前は人の迷惑になるから歌うな」と言われたね。悲しかったなあ。僕は素直ないい子だったから、先生が言った通り大きな口で一生懸命歌ったんだけど…一番端の教室から一番奥の教室まで声が聞こえちゃってたみたいでね。
でも中学校2年のときに、歌の授業で褒めてくれた先生がいたんですよ。「この教室には歌が上手い子が2人いる。1人は音符通りに正確に歌う、もう一人はとても楽しく歌う。(笑)そうやって「とても楽しく歌う人」として褒めてくれて、それから歌うようになったね。

Q.現在の座右の銘を教えてください。
座右の銘とは違うかもしれないけど「頭ごなしなことはされたくない、したくない」というのはずっとあるかな。そうはいっても気づかずに僕も頭ごなしなことはしてると思うよ、きっと。
本人はしていないと思っているけど(笑)

最後はあべも一緒にパチリ。

・・・・・・・・

改めて、みっきぃの温かい笑顔にはご自身の魅力や
これまで関わってきた方々の温かみが詰まっているのだなぁと
思いました。

ご協力、ありがとうございました😊

!新企画!「こどもあつめ」

さてさて、しばらくブログをお休みさせていただいておりましたが、しっかり復活していきます!

今回は【新企画】のお知らせです。
もうすでに、私たちのワークショップに来ていただいた方にはお渡ししていますが、
【こどもあつめ】という企画をはじめました✨

【こどもあつめ】とは、
あべが、ゲストの方に子ども時代のエピソードや様子を聞き、それを記事にしてみなさんに伝える、というものです。
色んな方の「子ども時代をあつめちゃおう!」ということで【こどもあつめ】です。
記事を読んで、現代の子ども達に「むかしの子どもの多様性」を知ってもらうとともに、親子の間での新たなコミュニケーションのタネになったらいいなぁと思って始めました。

第一回目のゲストは、日能研代表の高木幹夫さんです😊
インタビューが始まる前からさまざまなエピソードが飛び出し、もう記事にしきれないくらい素敵なお話を聞かせていただきました。
子ど時代のいたずらも、とっても魅力的。

随時、記事にしていきます✨

10月14日わくわくサイエンスショー‼@東芝未来科学館

2018年度も、いよいよ後半戦に突入です!

わくわくキッズでは、後半は新しいことにチャレンジすべく、
準備を進めてまいりました😊

その1つが、「サイエンスショー」です‼
私たちは普段、ワークショップを中心に行っているのでサイエンスショーは
初めての試み・・・
お話をいただいた時には、どきどきしていましたが、せっかくのお話なので
楽しんで挑戦させてもらうことにしました✨

30分という短い時間ですので、お近くの方はぜひ!
そして、万が一実験が失敗したら笑ってやってください!笑

●10月14日(日)東芝未来科学館
「あるのに見えない?
 消える・サイエンスショー」
講師:松浦麻子(まっつん)
アシスタント:あべまり
参加費:無料
時間:①11:00~②14:00~③16:00~
内容:確かに物があるはずなのに、なぜか消えたように見える?ひみつは「光の屈折」にあります。今回はそんな科学の不思議に、実験を通して迫っていきます。

http://toshiba-mirai-kagakukan.jp/event/event/sci_show_j.htm

ーーーーーーーーーーーー
😊楽しく学ぶ!可能性を引き出す!😊
わくわくキッズ公式HPはこちら↓
http://waku2kids.jp/
ーーーーーーーーーーーー 

10月20日「アリのおうち」@恵比寿

今回のイベントは、一風変わった場所で行います。
それは・・・・素敵な本屋さんです✨

ジャパンGEMSセンターさんのイベントに講師として呼んでいただきました。
今回のプログラムは私も大好きな内容です。
なんといっても五感をすべて使いながら(嗅覚までも!)アリになりきり、
その生態に迫っていくのが醍醐味です。

4歳~6歳のお子さん向けと、いつもより少し年齢が低いお子さんにもたのしんでいただけます!
この機会にぜひ♪

●10月20日(月祝)10:30~12:00
 テーマ:GEMS「アリのおうち」
 場所 :ちえの木の実@恵比寿
 対象 :4~6歳
 講師 :あべまり(わくわくキッズ代表)
 詳細 :http://japangems.org/jeef/ohanashi_17.html

ーーーーーーーーーーーー
😊楽しく学ぶ!可能性を引き出す!😊
わくわくキッズ公式HPはこちら↓
http://waku2kids.jp/
ーーーーーーーーーーーー